MENU

  * 回数と毛周期
  * 回数と料金
  * 脱毛完了までの期間
 
おすすめ記事

  * 通う回数は少ないケド…
  * 一般的な回数と期間
  * クリニックでレーザー脱毛

レーザー脱毛の回数は何回必要なのか



レーザー脱毛は少ない回数で目標達成できる

脱毛の種類は、針脱毛とレーザー脱毛、光脱毛です。それぞれ脱毛サロンによって名称がつけられているようですが、施術の仕組みで分けるとこの3種類です。一番脱毛効果が高いとされる針脱毛は、直接むだ毛の毛根に針を刺し電気を与えダメージを与える方法で、その場はむだ毛が抜け落ち、永久に生えて来ないという仕組みです。脱毛するには一番確実な方法ですが、一本一本処理するにはかなりの時間が必要で何度も通うことになります。光脱毛は毛根のメラニンに反応する光を皮膚上から照射することによって毛根にダメージを与える方法です。光の強さはマイルドなため、完全に脱毛できるわけではなく、次回弱弱しい細いむだ毛がまた生えてくるのです。希望の仕上がり程度になるまで数回の施術を受ける必要があるのです。レーザー脱毛も光と同じで皮膚の上から毛根にダメージを与える方法ですが、レーザーは光よりも強い力なので脱毛力が強いのです。一度の施術の脱毛効果は光よりもレーザー脱毛が優れている為、施術に通う回数が少ないのはレーザー脱毛なのです。

レーザー脱毛の効果と回数について

レーザー脱毛を受けるに当たって大事なことは毛に関する正しい知識を身につけた上で治療を受けることと言えます。毛は一定の周期によって成長して抜けて、また生えてというサイクルを繰り返しています。成長するときを成長期と呼びます。レーザー脱毛を行うためのレーザーはどのサイクルで照射しても良いというものではなく、毛のサイクルの中でも成長期に照射することが大事なこととなります。つまり、成長期に合わせてレーザーを照射することができるように治療のプランが組まれることとなります。しかしながら、全ての毛が同じ時期に成長期ということはないので、毛の成長に合わせて何回かに分けてレーザーを照射することとなります。効果のあるレーザー脱毛を受けるためには適切な時期にレーザー照射を受けることが大事ということです。なお、回数については脱毛をする部位であったり、毛の量によって異なります。また、個人差が出る部分でもあると言えます。時間のかかる全身脱毛に関しては全身脱毛ランキングなどを参考にしながらじっくり選ぶといいでしょう。

脇のレーザー脱毛の必要回数は約5回

女性の無駄毛で脇毛ほど必要のないものはありません。これがなくなればどれほど楽になるか、と思っている女性は世の中に山ほどいることでしょう。永久脱毛にはレーザー脱毛が効果的です。人間の毛というのは生える時期と休んでいる時期があって、生える時期にちょうどレーザーを当てると、毛根が死滅し二度と毛が生えてこないという仕組みになっています。脇毛のサイクルは約6週間から8週間といわれています。例えば今日レーザー脱毛の1回目を行ったとすると、次回は6週から8週空けて2回目の施術を行うということです。もう少しわかりやすく言うと、1回目でレーザーを当てた後、見た目ではどれが死んでいる毛でどれが生きている毛かがわかりません。6週から8週すると死んでいる毛がだいたい抜け落ちてしまい、生きている毛だけが残るので、またそこにレーザーを当てます。レーザー脱毛の回数は人によって違いますが、わきの場合はだいたい5回ぐらいが一般的です。

ひげ向けのレーザー脱毛の回数は人によって異なります

男性の中には、毎日のひげそりが煩雑で面倒という人が結構な数いらっしゃいます。たしかに、女性のメイクと同じかそれ以上に、男性のグルーミングも大変手間のかかるものです。そのような不満をお持ちの方の中で、近年増加しているのが、レーザー脱毛を利用することで、ひげを永久に脱毛するという両方です。永久脱毛を行うことで、毎朝の時間を有効活用できるなど、多くのメリットがあります。ただし、レーザー脱毛をする上で注意するべき点がございます。それは脱毛を行う回数は人によって個人差があるため、人によっては数回程度行わなければ効果が表れない人もいるという点です。元から比較的、体毛が薄い人なら一回のレーザー脱毛で効果が出ることが多い一方、体毛の濃い方は、複数回にわたってレーザー脱毛を行わなければ、効果が持続しないというケースも頻繁にあります。短時間かつ安い費用でレーザー脱毛をやってみたいという人は、まず自分の体毛の濃さを知ることから始めるのがセオリーです。


© レーザー脱毛の回数は何回必要なのか All Rights Reserved.
簡単リンク集Seo-P-link 動画3本YouTube